中学生の情報の授業で、RoBoHoN(ロボホン)を活用したプログラミングの授業を行いました。RoBoHoNはシャープが開発したロボットで、生徒がプログラムした内容に合わせて、RoBoHoNが動いたり、話したりする仕組みになっています。始めは戸惑っていた生徒たちでしたが、徐々にプログラミングの仕組みを理解し、思ったように動くRoBoHoNの様子を見て楽しく学習していました。