入学案内(よくあるご質問)

高校入試 出題傾向

国語

アドバイス
 長文読解問題は大問が2題出題されます。1題は評論、解説など論説的文章、もう1題は小説、随筆などの文学的文章です。これは読解力・表現力を問う問題です。
 さらに韻文の問題も1題あります。テーマや、感動の中心を読み取れているか、また、比喩などの表現技法の理解も問われます。
 ことばの知識に関する問題は、慣用句、ことわざ、四字熟語、その他、語句の意味、文法からも出題されます。

数学

アドバイス
 本校の入学試験は大問5題が出題されます。各大問の内容は以下の通りです。
1.数・式の計算、面積や角度、場合の数や確率などの1行小問。 
2.中学で学習する関数から複合的に出題されます。
3.定理や図形の性質を用いて解く図形の問題。
4.図形または数量関係の証明。 
5.思考力・読解力を問う問題。 
・一部に記述式で解答を問う問題を出題します。
教科書の例題・練習問題レベルから章末問題まで、基本をしっかりと身につけるようにしましょう。

英語

アドバイス
例年、英語の入学試験では大きな設問が8題ほど出ております。長文問題、発音・アクセント、英文2文同意問題、会話文問題、適語補充問題、並びかえ問題、英作文問題、その他、の出題がなされます。
1.長文問題では、500~600語程度の長文を読んでもらい各設問に解答してもらいます。
2.発音・アクセント問題は教科書で学ぶ語の中から特に発音に気をつけてほしいものを出題しています。
3.英文2文同意問題では、中学校で学ぶ英文法の基礎力を確認します。
4.会話文問題では中学教科書に出てくる基本的な会話表現を確認します。
5.適語補充問題、並びかえ問題では、中学で学ぶ英文法の応用力を測ることが出題の意図になります。
6.英作文問題では、4技能のうち表現力Writingの力を測ることが出題の目的になります。

 

ページトップへ