教育内容(中学・カリキュラム)

カリキュラム

6年間一貫進学カリキュラム

中学校

中学1年次から高校3年次までの6年間はきめ細やかな指導と、高校からの先取り学習で、実力養成をおこないます。高校2年次には文系、理系のコースに、3年次にはさらに国公立大、私立大に分かれ、実力テストや模擬テストを繰り返しながら、実践力を身に付けます。0時限授業と7・8時限授業で確実に知識を深めていきます。

学習

中学3年間は、基礎学習の徹底に重点をおきます。繰り返し反復学習することで基礎力を養成し、勉強に向かう姿勢を習慣付けています。さらに勉強が遅れている子に対しては補習をおこない一定レベルの基礎学力を身につけさせます。

高1においては基礎力をチェックしつつ総合的に理解を深めていくとともに主要教科では高2で学ぶ内容の前半までを習得します。高2の段階ではそれまでに培った力の上に立って更に応用力を構築し、高2の後半内容と合わせ高3の範囲まで推し進めていきます。

到達度のスピードアップと実力の養成を図るという目標のもと2年間を使って早取り学習を行っています。さらに0時限目授業と、7、8時限授業で確実に知識を深め、実力のアップを図ります。したがって高3ではじっくりと大学入試に取り組む体制を整えることができます。

ステップアップとボトムアップを確実にするプログラム

中学1年生から高校2年生まで、基礎学力の充実を図るために国語、数学、英語の補習を行っている。参加者を教員の方から促す「基礎補習」と希望者が参加する「応用補習」があり、多くの生徒が参加している。
特に、夏休みには、全学年期間を定めて夏期集中講座を開講。特に、高校2・3年は受験に向けた密度の濃い学習を行い、自分の弱点を徹底的に克服する。
さらに、中2・中3・高2は軽井沢合宿所において夏期勉強合宿を行う。

ステップアップ

授業の進度に合わせたより深く、より高度な演習中心の補習を実施することにより、高い学力を要求する生徒に応える。

ボトムアップ

授業でわからないことを一人一人のペースに合わせて学ぶことができるボトムアップ補習は、個別指導に近い形で参加しやすく、学力を確実に保証している。

早朝・放課後の指名補習

毎朝8時10分から8時25分に全員必修でテスト形式の補習がある。放課後は目標に到達しなかった生徒のためのボトムアップ補習と高い学力を臨む生徒のためにステップアップ補習を実施している。


中学校教科課程

基礎学力の充実に重点をおき、自主的な学習態度を養うこと、応用力のある実力を身につけることを目標にしています。 特に、英語は授業数も多く、これからの国際教育の基礎作りに励んでいます。

科目 1年 2年 3年
国語 5 5 4
社会 4 4 5
数学 5 4 5
理科 4 5 4
保健体育 3 3 3
音楽 1.5 1 1
美術 1.5 1 1
外国語 5 5 5
英会話 2 2 2
技術家庭 2 2 1
情報 1 1 1
総合学習 2 2 2
道徳 1 1 1

高校カリキュラムへ


ページトップへ