教育内容(高校・教科の紹介)

教科の紹介

高等学校 科目ガイド

学力強化を主眼におき、基本教科である英・数・国・社・理の五教科については、スピードアップした授業指導とそれをフォローする補習体制をとっている。したがって高校からの入学生も内部生と進度を調整し、万全の体制で受験に臨めるように指導する。

国語
国語
「朝の読書」や授業を通して多くの文章に触れることによって、読解力、思考力を養います。さらに年数回の漢字一斉テストを実施し、漢字力、語彙力の定着を図り、総合的な国語力を育成します。自ら考える創造性を養い、知識を豊かに享受し吸収するという両面の授業を展開します。
2年生から受験に備えて入試問題の演習や小論文指導を含めて段階的に入試に対応する実践力を強化した学習指導を行います。
社会
社会
高校社会科では社会の複雑な動向を多面的に理解する力の伸展を目指しています。各授業では定期的に小テストを実施して知識の定着を図り、歴史や現代社会における各事象の内容把握と因果関係等について理解を深めていきます。3年次には、総合的に培った知識と思考力を、大学入学共通テスト対策講座等の実践的な演習授業に反映させ、最終的な受験段階に向かわせています。
数学
数学
高校における数学は内容がより理論的になり、推察力・思考力・数理的な処理能力も高度なものが求められるため、教科書にとらわれず副教材を使って生徒が理解しやすい方法で教えます。この段階の基礎力・応用力が直接大学受験の合否に影響することを考慮し、単元の範囲ごとに理解の定着度測定と大学受験を意識した学力テストを実施、習熟度別クラス編成や補習などの対策を行い、高い学力をつけていきます。
理科
理科
物理・化学・生物に亘り広く学習することにより、先人たちの積み重ねてきた科学の成果を体系的に学び、科学の論理の理解と検証、そして応用する力を身につけ、科学的な分析と問題解決能力を養います。高校2年から進路に応じて選択履修し、専門性を深めていきます。3年生では「大学入学共通テスト対策」など、希望進路に向けた演習を徹底的に行い、高度な応用問題にも対応できる能力を育成します。
英語
英語
大学に合格できる英語力を養成すると同時に、国際社会で通用する「生きた英語」を身につけることが目標です。そのために"Practice makes perfect"! 普段の授業はもちろん、英文の読解力・表現力・語彙力の向上、ネイティブスピーカーとの会話によるコミュニケーション能力の向上を図り、併行してセンター試験向けの内容を徹底指導、ゆとりをもって大学受験に臨めるように配慮しています。
情報
情報
コンピュータ実習と併行し、全員が情報を適切に収集・処理・発信できるよう、基礎的な知識・技能を育成します。理論よりも実践的な技能を高めさせ、自分のホームページを作成するなど工夫を必要とする作業を行います。また、インターネットを活用して情報収集力を高め、プレゼンテーション能力を養います。受験勉強に際しては検索なども自主的にできるような指導を行います。
音楽・美術
技術家庭
保健体育
音楽
自己表現力は自分らしく生きるために、そして心豊かに生きるために必要不可欠なものです。
楽器演奏や歌う喜びを味わう「音楽」、創作で感性を磨く「美術」、生活と密着した実技や製作を学ぶ「技術・家庭」を通して、本物を見極める眼と、自ら創造する力を養っていきます。
また、スポーツの特性や効果を学び、人の体の仕組みを知る「保健体育」では丈夫な心と体づくりを学び、人間の命を尊重する心を育んでいきます。

フランス語

フランス語の授業の資料

フランス語のクラスでは会話をしっかりと取り入れていて、かつ文法のポイントもきちんと押さえている教科書を使っています。それは、基礎的なコミュニケーション力を身につけてほしいと思う一方で、英文法との比較類推ができるレベルまで到達することもめざしているからです。複数の言語を学ぶことは簡単とは言えませんが、かえって言語全般に対する興味や感覚がめざめ、相乗効果をもたらす面もあります。
また文化面での意義も重要です。外国語を学ぶことは、その言葉を話す国々の文化へのパスポートと言えます。その意味でのフランス語はモチベーションを刺激してくれるのがとても豊富です。美術、映画、文学、料理、ファッション、スポーツ、音楽、etc.・・・またフランス一国に留まらず、フランス語が通じる地域はアフリカ・
カナダ・南太平洋・中南米などにもあり、フランス語を
学ぶことで広がってゆくフィールドはとても広いのです。
この授業がそうしたものへのパスポートの一ページとなっ
てくれれば、と常に心がけています。


外国語コースの生徒の感想

フランス語の授業の感想:もっと知識を増やせるように  フランス語の授業の感想:積極的に聞いて習得したい

 

中国語

中国語の授業資料

二年間の学習を通じて、中国語の言語知識、中国の文化理解を深め、この二つの総合的な能力であるコミュニケーション能力の向上をめざす。各学年の具体的な指標は以下である。

一年:中国語の発音の仕組みを理解し、基礎的な文法事項を学習し終える。文化面に於いては"春節"(旧正月)などの中国の行事を理解する。またコミュニケーション面においては、自分が想定している状況、且つ相手の協力を得られる状況で、簡単な会話ができるようにする。

二年:文章を正しい発音で読め、学習した文法事項を使いこなせるようにする。文化面においては日本と中国の相違を理解できるようにする。またコミュニケーション面においては、自分が想定していない状況においても学んだ語句、文法を用いて、簡単な会話ができるようにする。


外国語コースの生徒の感想

中国語の授業の感想:中国語を話せる素敵な人に  中国語の授業の感想:もっと慣れるように頑張りたい
ページトップへ