教育内容(高校)

コース紹介

本校では「自ら考え、自ら行い、他者を愛し、礼を尽くす」人材を育てるために1年生入学時には、2つのコース「特別進学コース」と「総合進学コース」を設定しています。
総合進学コースは「一般コース」と「外国語コース」に分かれます。

コース紹介:1年生

1年生では、入学時に難関大学合格を目標とする生徒のための「特別進学コース」または、「総合進学コース」のどちらかのコース選択となります。総合進学コースには、松蔭大学や他の外部の大学進学を目標とする
「一般コース」と、英語以外にフランス語・中国語も併行して学ぶ「外国語コース」があります。

コース紹介:2年生

2年生では、文系・理系の2つの分野にコースが分けられます。特別進学コースの生徒は、そのままのコースかあるいは「理系」のコースかの選択が必要です。総合進学コースの生徒も、そのままのコースかあるいは
「理系」のコースかの選択が必要となります。

コース紹介:3年生

3年生では、特別進学コースの生徒は、基本的に「国公立コース」に進みます。総合進学コースの生徒は、基本的には「私立文系コース」に進みます。「理系」を選択した生徒はそのまま理系コースを続けることになります。

特別進学コース

難関大学進学を目指す生徒のためのコースです。日々の授業を通じて探求心を刺激し、学習に対する高い意欲を養います。また、本コースでは、同じ目的を持つ生徒同士が切磋琢磨することで生まれる、学びあう力も大切に育てていきます。そのため、授業で難易度の高い内容を学習する時も、全員で理解しながら進めることができます。
また、このコースの大きな特徴として、通常授業に加えて行われる特別授業があります。その他、夏休みなどの長期休暇には特別講習を実施し、難関大学受験に向けた実践力を養います。生徒の持つ、学習へのエネルギーを最大限に引き出せるコースです。


総合進学コース

一般コース

併設の松蔭大学や他大学進学などを目標としているけれども、高校時代はクラブ、課外活動やボランティア活動など興味のあること、得意なことにも積極的に取り組みたいと考えている生徒のためのコースです。
関心のある事に一生懸命に打ち込むことができる生徒には、集中力や忍耐力があるはずです。本校では、その力を引き出し勉強に集中して取り組めるよう指導します。自分の趣味や得意分野を活かしながら、日々の学習を着実に積み重ねていくことで、志望する大学に合格する力を養います。

外国語コース

通常、高校で学習する外国語は英語に限られていることがほとんどです。このコースでは、英語の他に、フランス語と中国語の2か国語を並行して学習することのできるコースです。大学に進んで、さらに専門的に外国語を学びたいと考えている生徒には、フランス語(1年:3時間、2年:2時間、3年:2時間)・中国語(1年:2時間、2年:3時間、3年:2時間)の基礎を3年間で合計14時間、英語は(1年:7時間、2年:9時間、3年:9時間)の25時間といった多くの時間を割いて、語学系あるいは国際系といった大学進学を目標にするのには大きなメリットをもったコースということができます。

理系コース

2年生から設定され、理数系分野への大学進学を希望する生徒のためのコースです。数学では数Ⅲ・Cまでの履修、理科では物理・化学・生物の中から選択で最大8単位まで履修できるといった理数系の希望者に特化した授業展開が行われます。

国公立コース

3年生から設定され、文系選択のコースの中で、国公立大学を目指す生徒のためのコースです。大学入試新テストで必要となる科目の演習授業を中心に授業展開が行われます。

私立文系コース

3年生から設定され、文系選択のコースの中で、松蔭大学を始めとして私立文系の大学への一般受験での合格を目標に、英語・国語・地歴の科目の演習授業に比重を置いた授業展開が行われます。

  • フランス語
  • 中国語

ページトップへ