学校紹介(学園のあゆみ)

学園のあゆみ

建学の精神

知行合一

松蔭中学・高等学校は、昭和16年、わが国の先覚的教育家吉田松陰先生の教育理念に基づき、「知行合一」を校是として、松浦昇平先生によって創立されました。
本校の建学の精神である「知行合一」とは「知る」事と「行う」ことが常に表裏一体となった生きた学問のことです。学んで得た知識を行動に生かし、実践することで、さらにその知識を体得していくことです。「知る」ことと「行う」ことを合わせ、「人間力」を養い、心の教育を重んじ、人間形成を図るものです。この建学の精神は創立以来、時代に即応した姿をとりつつ、本校の基本理念となっております。

 

沿革

松浦昇平先生像
    松浦昇平先生像

昭和16年4月 松蔭女学校創立
昭和22年4月 松蔭中学・高等学校と改称
昭和23年4月 松蔭幼稚園開園
昭和24年4月 松蔭女子専門学院開校
昭和60年4月 松蔭女子短期大学開学
英語科・経営科設置
平成12年4月 松蔭女子大学開学
経営文化学部
・ビジネスマネジメント学科
・異文化コミュニケーション学科
を設置
平成16年4月 松蔭大学に改称(共学)
経営文化学部
・ビジネスマネジメント学科
異文化コミュニケーション学部
・異文化コミュニケーション学科
平成17年4月 松蔭中学・高等学校(共学)
平成18年4月 松蔭大学大学院開設
経営管理研究科 経営管理専攻(修士課程)
平成21年4月 松蔭大学
観光文化学部
観光サービス学科
を設置
厚木ステーションキャンパス オープン
平成24年4月 松蔭大学
異文化コミュニケーション学部名称変更
コミュニケーション文化学部
コミュニケーション文化学部
・生活心理学科新設
経営文化学部
・経営法学科新設
平成25年4月 松蔭大学
観光文化学部名称変更
観光メディア文化学部(届出予定)
コミュニケーション文化学部
 ・日本文化コミュニケーション学科 構想中
経営文化学部
 ・金融経済学科 構想中
観光メディア文化学部
 ・メディア情報文化学科 構想中
ページトップへ